無料ブログはココログ

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

実戦詰将棋(二段)No.2

光市将棋大会でのある局面図①。

20101104a

△5七銀成で次に△6八銀打で詰み。

取っ掛かりがないように見えて、後手玉詰みです。

変化は少しありますが、一番長いので19手詰めです。

答えは下の方にあります。



━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━




















20101104b


▲7四銀(図②)が正解。▲7四金だと▲6四金のときに、△8四玉で詰まないので注意が必要です。


以下△同玉▲6四金(▲6六桂は△6五玉と上部に逃げられ詰みません)に、△同歩か△8三玉かに分かれます。

△同歩は▲同馬△8三玉▲7四金△9二玉▲8四桂△8一玉▲7二金△同飛▲同桂成△同玉▲6三馬(図③)で以下詰み19手。


20101104c


▲6四金に△8三玉と逃げるのは、▲7四金打△9二玉▲8四桂△8一玉▲7二金△同飛▲同桂成△同玉▲7三金△6一玉▲6二飛△5一玉▲4三桂まで(図4)

20101104d

7四銀捨てから6四金と捨てる手がポイントでした。

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »